金武町ふるさと納税特設サイト

トップページ > 特産品一覧 > 【毎月20セット限定】黒金豚アグー しゃぶしゃぶセット(バラ.モモ)詳細

金武町ふるさと納税 特産品 詳細

金武町ふるさと納税特産品 【毎月20セット限定】黒金豚アグー しゃぶしゃぶセット(バラ.モモ)画像

【毎月20セット限定】黒金豚アグー しゃぶしゃぶセット(バラ.モモ)

商品内容 黒金豚しゃぶしゃぶ用お肉
(バラ・モモ 各300g) 計約600g
提供元 なんくる農場
寄付金額 25,000円以上の寄付で貰える
取扱時期 通年
商品コメント
金武町の自然の中、無薬・放牧・発酵えさでのびやかに育った豚。
琉球在来豚アグー種「黒金豚」
お肉本来の味が楽しめるしゃぶしゃぶがおすすめです。
黒金豚は臭みがなく甘味を含んだ旨みがあり脂身は多いですが、大変あっさりしております。
ポン酢やごまダレを付けても美味しいですがお肉本来の味を楽しむには昆布出汁でしゃぶしゃぶしたお肉をそのまま、または少量のつけ塩がおすすめです。







黒金豚の放牧の様子


数々のメディアに取り上げて頂きました。
ユニークな飼育方法が注目され、これまで国内を始めシンガポールやアメリカなど国外のメディアからも取り上げて頂きました。
その中でも、グルメ番組にてソムリエの田崎真也氏から高い評価を受け
日本テレビのバラエティー番組、「ぐるぐるナインティナイン」の人気コーナー「ゴチになります」では「中華の鉄人」脇屋友詞シェフからご紹介頂きました。

また、2018年に開催された奇跡の晩餐「DINING OUT RYUKYU-NANJO withLEXUS(南城市)」ではメインの食材として黒金豚をご指名いただき
2020年に開催された「DINING OUT RYUKYU-URUMA with LEXUS(うるま市)」でも再びご提供させていただきました。




なんくる農場について

海と川など自然に恵まれた金武町の中川(なかがわ)で琉球在来豚アグーのみの養豚を平成16年からはじめ、令和3年現在、約30頭ほど飼育しております。
(一般の養豚場の飼育頭数は数百~数千頭である為、本農場は大変小規模です)


飼育のこだわり

のびのびストレス軽減「自由放牧」
本農場では一頭あたりのスペースを広く取り土の上へも放牧しています。
豚は土遊びが大好きで、地面を掘ったり土を食べたりなどストレスの少ない自由な生活を送っています。




手作りの「発酵えさ」

芋・麦・米・大豆といった天然由来の原料に地元酒造所で出る「もろみ」などをブレンドし発酵させたえさを与えています。また、地元農家で取れた野菜や果物、農場内に自生している野草などもデザートとして与えています。


抗生物質・ワクチン投与は一切行わない「無薬豚」

豚はストレスに弱いと言われ、一般的な養豚では病気予防の為、抗生物質・ワクチンの投与が行われますが本農場では殺菌剤・ホルモン剤・駆虫剤含め投与は行っておりません。




農場主からのあいさつ

生まれてから出荷までの1年半~2年(通常の3倍)の飼育期間に薬品等は一切使用せず、豚自身が持っている免疫力だけでこれまでやってきました。
やりはじめたころはうまくいかず病気で相当数の子豚達を死なせてしまいました。

それでも、どうにかして免疫力を高めようと色々と工夫してえさの造り方、飼育環境の改善を続けるうちに健康ですくすく育つ豚が増えてきました。

私が飼育方法にこだわる一つの理由はサラリーマンの頃、ストレスを重ねて病気になった経験があったからです。
ストレスを出来るだけ与えず、無薬でのびのび育てることによって本当の豚肉のおいしさが出るものと確信しているからです。

これからも観察力を磨き情熱を燃やし「奇跡の無薬豚」を目指して豚達と共に歩んで行きます。


ホームページはこちらから
https://nankurufarm.com/


【地場産品基準について】
・金武町で取り扱っているお礼品は、全て地場産品基準に適合しております。

特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。