金武町ふるさと納税特設サイト

トップページ > 特産品一覧 > 金武町の匠「松堂登」作 三線詳細

金武町ふるさと納税 特産品 詳細

金武町ふるさと納税特産品 金武町の匠「松堂登」作 三線画像

金武町の匠「松堂登」作 三線

商品内容 三線(縞黒、本蛇皮) 1挺
ティーガー、専用ケース
提供元 松堂太鼓三味線店
寄付金額 300,000円以上の寄付で貰える
取扱時期 通年
商品コメント

沖縄県を代表する弦楽器である三線。古くはかつて14世紀末、琉球の時代に当時貿易が盛んにおこなわれていた中国から三線の原型である三絃(サンスェン)が持ち込まれました。15世紀には当時の王・尚真(ショウシン)により士族の教養の一つとして奨励されるようになりました。そして17世紀には三線を宮廷音楽に採用されたことから琉球では歌舞芸能が盛んになり、三線も宮廷音楽における主要な楽器としての地位を確立することになりました。 その後、1879年の廃藩置県により、その地位を失うことになりましたが地方に下った士族たちから庶民へと広く普及したといわれています。

※天然の材料を使って製作しておりますので表情は一つ一つ異なります。予めご了承くださいませ。
※画像に写っているケースはイメージになります。デザインが変更になる場合がございますので予めご了承くださいませ。

【地場産品基準について】
・金武町で取り扱っているお礼品は、全て地場産品基準に適合しております。

特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。