金武町ふるさと納税特設サイト

トップページ > 特産品一覧 > 新発見がいっぱい! 金武町 専門家による野鳥ガイド 詳細

金武町ふるさと納税 特産品 詳細

金武町ふるさと納税特産品 新発見がいっぱい! 金武町 専門家による野鳥ガイド 画像

新発見がいっぱい! 金武町 専門家による野鳥ガイド 

商品内容 金武町野鳥ガイド

人数:1名様

所用時間:2時間 参加可能年齢:小学校高学年以上 持ち物:帽子、双眼鏡(あれば)、日焼け止めなど。*夏場は涼しい時間帯が良いので早朝の時間で出発することがあります。
寄付金額 24,000円以上の寄付で貰える
取扱時期 通年
商品コメント
金武町に所在するタイモ栽培地、水田、河川、マングローブ干潟、ダム湖などを回り、渡り鳥を含む身近な野鳥を観察し、身近な野鳥に親しんでもらる体験となっております。
もちろん、自然全般(地質から動植物)の内容も専門家による分かりやすい解説も魅力的です。

①金武町野鳥ガイド(専門家によるガイド)


金武町内からはこれまで270種の鳥類が記録されています。
特に並里区の福花(フッカ)や武田原(ンタバル)にあるタイモ栽培地と水田などには、リュウキュウヨシゴイやゴイサギなどのサギ類、ヒクイナやシロハラクイナなどクイナ類の留鳥が見られ、さらにサギ類やガンカモ類、シギ・チドリ類などの渡り鳥も数多く渡来します。
このことから、県内外でも有数な探鳥地として知られています。
ここにもチュウシャクシギやホウロクシギ、ソリハシシギなどの渡り鳥が飛来し、タイモ栽培地や水田同様に渡りのエネルギーを補給する重要な場所になっています。
※「夏休みの自由研究」としても活用できます。


◆沖縄ネイチャーオフィス

私たちは、金武町の古くから営まれてきたタイモ栽培地のような暮らしの中に息づく自然から、亜熱帯性の常緑樹林が広がり固有の動植物が生息する「世界自然遺産候補」の国頭地域の自然まで、あますことなく深く体験できるようサポートします。
タイモ栽培地の野鳥やマングローブ林とその周辺に生息する生き物観察、そして、ヤンバルの森に分け入り、ヤンバルクイナをはじめとする固有の生き物に出会う自然体験など、このすばらしい沖縄の自然にじっくりと接し、親しめるよう、そのかけはしになりたいと考えています。

お問合せ
沖縄ネイチャーオフィス
098-979-7539


●ご利用には事前に予約が必要です。 
沖縄ネイチャーオフィス
TEL:098-979-7539

・台風や自然災害等で天候が悪い場合は中止にせざるを得ない場合がございます。
・天候悪化で中止なった場合は期間の延長など調整し、別日程でのご案内といたします。
・事前にご予約が必要です。別のツアー等により、ご希望日に添えない場合がございます。
・ツアー実施中の事故に備え、障害保険に加入していますので、安心してご参加くださいませ。


【地場産品基準について】
・金武町で取り扱っているお礼品は、全て地場産品基準に適合しております。

特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。